能力は通行許可証になるのが転職の世界


新卒採用からの終身雇用制度が崩壊したと言われています。
実際に非正規社員の割合は増え続けていますから、この先も正社員としてその会社に採用され続けられると考えるのは現実的とは言えません。

だからこそ考えるのが転職についてです。
転職は新卒採用ではありませんから、募集年齢の幅は広いです。
幅広い世代から募集するわけですからその世代によって弱点や反対に利点があることも分かります。
簡単に説明すると20代のメリットは「若さ」デメリットは「経験不足」であり、30代のメリットは「即戦力」とデメリットは「経験の幅」となります。
40代、50代ともに「経験や技能」がメリットとなりますがそれ以上に「年齢」のデメリットが強調されてしまいます。

メリットがありデメリットがあるのはどの世代でも同じことですが、だからこそメリットを生かすような仕事を見つける必要があります。
デメリットに関してはどうしようもないことがありますから、メリットを伸ばすことが重要なのです。

今現在仕事をしている人でも例えば不況になってリストラにあう可能性はゼロではありません。
転職に関係ない人などいないのですが、現時点から自分の能力を見直して他の人よりも少しでも上のレベルに達する必要があります。
転職は一定の技能を持っている人にとっては自動ドアのように手軽に開きます。
「能力」と呼ばれる通行許可証があるからです。
それがない人は面倒な手続きを経るというのが転職活動の実態です。