転職前の準備で真っ先にやるべきこと

 転職前の準備にまず何をするかといえば、多くの方は求人情報を探すことから始められるでしょう。そうでなければどんな仕事があるのか、自分にぴったりの仕事があるのか、などが分からないからです。求人情報を見ているうちになんとなく志望動機などが固まるということもあるでしょう。しかし本来なら、真っ先にすべき準備は、転職について自分の考えを明確にすることです。

 転職には企業に応募し、面接を受けるという2つのステップがあります。その両方をクリアするためには、企業にあなたという人物について明確なイメージを掴んでもらわないといけません。そのために、履歴書や職務経歴書、添え状に至るまで工夫を凝らし、念入りに準備して面接に臨むわけです。

【おすすめサイトのご紹介】
中高年の転職サイト活用法
中高年におすすめな転職サイトの活用方法

 この2つのステップを経るときに、企業側があなたにあいまいなイメージや矛盾したイメージを感じ取ってしまうと、採用は一気に遠のいてしまいます。そして、その原因となるのが、あなたの転職に対する考え方のあいまいさです。

 まず、最初に一貫した転職に対する考え方がないと、志望動機や転職の理由、仕事に対する考え方などが不明確であったり、矛盾したものになってしまいます。面接まで進めたとしても、そこではこの矛盾を徹底的に突かれることになるのでやはり失敗してしまうでしょう。

 求人情報などを見ているうちに形成された志望動機は、得てしてこうしたあいまいで不明確な部分が多いです。求人探しは大切ですが、その前に自分がなぜ転職するのか、目的は何なのか、等をはっきりとさせることが一番大事な転職前の準備なのです。