採用担当者は応募書類の志望動機をよく見ています

応募書類で重要なのは志望動機です

 転職活動の際、履歴書や職務経歴書などの応募書類作成が必要ですが、履歴書にせよ職務経歴書にせよ、採用担当者が特に重要視しているのが志望動機です。書き方次第では他の応募者と大きな差が生まれるところなので、注意して作成しましょう。

 特に問題ないと思う方であっても、その応募企業への熱が入るあまり、歴年における売り上げの推移や、業界シェア率、商品の特徴、商品市場占有率などといった分析を書き記す方もいらっしゃるようですが、これでは志望動機とはいえず、企業研究レポートになってしまっています。それに、採用担当者はその会社の従業員です。わざわざ、応募者にいわれなくても、このようなことは知っているのです。採用担当者が、この人は入社したら活躍してくれそうだと思うような志望動機をぜひ、書くようにしましょう。

志望動機のポイントとは?

 志望動機と前職の退職理由はまったく別物なのですが、それぞれがつながっていることが自然な流れです。「前職で、こうしたことが問題あるいは原因で、努力したものの残念ながら辞めるに至りました。」そして、「それを叶えられるのが御社です」という流れです。こうした話の流れに合わせて、ご自分の具体的なエピソードを盛り込んで志望動機を作るのです。よく考えて、頑張ってください。